Agenda 365

広く浅く、日々の備忘録。

ダイソーの情報カード(5x3)を使い始めました

趣味の語学用に、超定番の「ダイヤメモ」を持ち歩き、気になったフレーズや単語をメモしていたのですが、いくつか問題がありました。

  • メモした内容が散漫すぎて、まとめられないままたまっていく
  • 散漫な一行メモをノートに効率よくまとめる方法が思いつかない
  • メモを見返すと、残しておかなくてもいいような内容もあるものの、同じページに他のことも書き付けてあり、残さざるを得ない
  • 縦長は、字数の多い単語が並ぶと3~4語ごとに改行になり、使いづらい。
    方眼罫を横向きに使えばよさそうだが、リングが手に当たり書きづらい。

ちなみにダイヤメモはいいメモ帳です。125mm x 75mm サイズのファンです。

で、これと同じ大きさの「5x3」という規格の情報カードを使うことを思いつきました。ダイソーを歩いていてふと目に留まったのですが、ダイソーで手に入るなら気兼ねなく使えそう。

f:id:agenda365:20160816095347j:image

5x3サイズと名刺サイズがあり、できれば横罫のものがよかったのですが、両サイズとも縦長に使う設定で、罫線が横長方向に入っていない。惜しい。方眼罫で始めてみることにしました。

 

書き方のルール①:エリアを決める

この先どう気分が変わるかわからないので、穴を開けたくなったときのために左3マス分をあけておくことにし、上3マス分を見出しエリアに決めました。3x3の位置に点を打ってからコンテンツを書き始めています。

書き方のルール②:一枚一件で記していく

ダイヤメモから一枚一件で写していきました。文字がビッシリのカードと、2行くらいしかないカードができてしまいましたが、まあいいです。

分類の手がかりはまだつかめていないので、「フレーズ」と「語句」くらいにしか分けていません。

穴の開いたカードに出会った

書き始めるとあっという間にパックの半分くらいを使ってしまい、ストックを買いに再びダイソーへ。横罫線ってほんとにないのかなぁ・・・とウロウロしていたら、リングで綴じてあるINDEX CARDSという商品に出会いました。5x3サイズです!穴の位置はもともと書かないスペースだから、問題ないはず!見出し部分にもう少し余裕が欲しかったですが、まあ100枚で100円と「情報カード」と同じ価格だし、とにかく両方使ってみることにします。

f:id:agenda365:20160816095434j:image

ケースはキャンドゥで

名刺サイズならカードケースはどこの100均でも手に入るのですが、この5x3サイズのケースはなかなかありません。キャンドゥで見つけた、近いサイズのトレイを使ってみることにしました。少し幅に余裕があり、ストックが袋ごとでも入ります。真ん中に仕切りがあり、少ない枚数でも倒れません。(セリアにもありました。)f:id:agenda365:20160816091056j:image

100均で見つからなかったもの

持ち歩けるカードケースがありません。ジョッターケースは、名刺サイズならダイソーにありました。惜しい。トトノエ キャリーボードがよさそうだったので、アマゾンで注文しました。

 

こういったストックを持ち歩けるケースも、そのうち欲しくなるのかもしれません。

 

5山インデックスも100均では見つからず。付箋だと柔らかすぎてケースに立てたカードがなかなかパタンと倒せないので、こちらもアマゾン中。

コレクト 見出しカード ピンク 5×3 5ツ山 C-530-PI

コレクト 見出しカード ピンク 5×3 5ツ山 C-530-PI

 

 そもそも「情報カード」がダイソーでしか売っていないのが惜しいです。

 

余談:せっかくKindle Unlimitedを試用中なので、このカードを使った情報整理のバイブル(?)「知的生産の技術」を読みたいと思ったら、Unlimitedの対象外でした。なんてこった。

知的生産の技術 (岩波新書)

知的生産の技術 (岩波新書)