Agenda 365

広く浅く、日々の備忘録。

Fitbit Charge HR 使い始めて一週間経ちました

心拍数をモニターしたくて購入したFitbit Charge HR、装着を始めて一週間が経ちました。仕事のみならず、ヨガ、ライブ、夜行バスにも乗りました。

 

気に入っています

  • さほど邪魔にもならず、時計としても最低限の機能を果たし、初めて使った活動量モニターは、日常に新たな「気付き」をくれました。
    つけたまま寝ていても、とくに邪魔にはなりません。
  • iPhoneのアプリとは、ほぼ常時つながっている感覚です。アプリ起動とともに同期が始まり、遅くても1分以内には終わります。
  • 軽くディスプレイを自分に向けるだけで時計が表示されるのは便利!(Quick View機能)・・・しかし意図しないときに光ったり、寝ているときなどうまく表示できないときもあり、まだコツをつかみきれていません。
  • トントンと画面をタップするだけで心拍数が見れるのも便利!(Tap Gesture機能)
  • 食事の記録で、カロリー登録されている品目が多くて、選びやすい。登録のないものでよく食べるお弁当などは、自分で栄養素ごとに登録できますので、商品ラベルを見ながら入力しています。
  • 何もしないでそのまま布団に入るだけで、睡眠の記録がちゃんとできていました。ソファでたっぷり昼寝したときも、睡眠として記録されていました。
  • Webで見るダッシュボードは大きくて見やすいです。
  • 歩数、階数、距離などで、マイルストーンをクリアするとバッジが贈られます。たとえば距離の合計が42kmに到達した日には、マラソンバッジが届きました。
  • 一週間が終わり、統計データのまとめがメールで届きました。

 

充電ケーブルをうっかり忘れた

職場で充電したあと本体だけ引っこ抜いて、ケーブルはそのまま忘れて帰宅してしまいました。専用ケーブルだからどうしようもないです。

USB充電ケーブル Fitbit Charge HR 対応 USB充電チャージ用ケーブル

USB充電ケーブル Fitbit Charge HR 対応 USB充電チャージ用ケーブル

 

 

サイレントアラームは朝の目覚ましには不向き(私の場合)

朝の目覚ましにセットしてあったのですが、止め方がわからない・・・と思っているうちに止まりました。本体のボタンを押して止めるらしいですが、自分は寝起きが悪く、起きる前に止まりました。止まったのかわからず、寝たままアプリでオフにしました。

取説には「目覚まし(バイブ機能)が動作すると、本体が振動し、ライトアップされます。 アラームは停止されるまで数回繰り返されます。」とあります。「数回」とは何回なのでしょう。スヌーズ機能はCharge HRにはないのですが、振動中に止めなければ9分後に再びアラームが作動しますので、スヌーズみたいなものですが、9分後では遅すぎます。

寝起きがひどく悪い私には、Charge HRのサイレントアラームは無視して寝ていられるレベルで、朝の目覚ましには不向きでした。

 

早くもベルトが汚れてきた

ライブハウスで数時間、柵にしがみついて大汗をかくことが数回あり、ベルトのふちが早くも黒ずんできました。汗を落とす程度にベルトだけをぬるま湯で洗ってみましたが、落ちず。ならばとハンドソープとブラシで黒ずみをこすっても、落ちず。

f:id:agenda365:20160525143310j:image

Fitbitを洗う話は別記事にしようと思います。

 

汗を放置するとかゆい

大汗をかいたあと、すぐ拭かずにそのままにしていたら、赤みが出てかゆくなりました。出先であってもなるべくすぐに外して、腕とFitbitをきれいにしたほうがよさそうです。

 

充電を週に2回した

使用開始時の充電(水曜)は満充電ではなかったので、翌々日(金曜)夜に再充電。満充電から土日月と過ごしたら、"Battery low" に。月曜の夜には本体に空っぽのバッテリーの表示が出たので、再々充電で満タンにしました。それも水曜日にはゲージが"Battery medium" に。二泊三日をこえる旅行のときは、電源ケーブルも持参したほうがよさそうです。

 

エクササイズの記録は変更できない?

ヨガのレッスンを受けたとき、本体のボタンで記録を開始・終了し、iPhoneアプリで「ヨガ」を選んで登録し、家でWebのダッシュボードを見ると「ヨガ(アシュタンガ)」になっていました。アシュタンガよりずっと運動量の少ないクラスだったので、アシュタンガの記載は外したいのですが、もう変更できないようです。

 

仕事帰りの移動がウォーキングとして記録される

仕事を終えて早足で帰ったり、買い物に寄ってブラブラ歩きまわったりするからでしょうか、毎日ではありませんが、時々ウォーキングとして記録されています。問題ないのでそのままにしていますが、エクササイズ記録から削除することもできます。

 

夜行バスでの睡眠は、睡眠として記録されず

座り姿勢か、振動か、何がいけなかったか夜行バスで寝ていた時間は睡眠として記録されていませんでした。

 

 

駅の階段を上るのが一番の運動だったり、歩いているつもりがなくても歩いていたり、感じていた以上にしっかり寝ていたし、自覚していた以上に食べすぎだったとか、色々なことに気付いた最初の一週間でした。