Agenda 365

広く浅く、日々の備忘録。

Fitbit Charge HRを購入!開封、初期設定、使用開始!

心拍数がちょっと人と違うことが気になり、常時モニターしてみたくなり、腕だけで測れるもので、運動中も睡眠中もトラッキング可能という、Fitbit Charge HRを購入しました。その初期セットアップの記録です。

f:id:agenda365:20160518123513j:image 

箱の中身は、腕につける本体、充電用ケーブル(本体側のコネクタが特殊形状)、ワイヤレス同期USBドングル。深緑のペーパーにはhttp://www.fitbit.com/setup へアクセスするよう各国語で書いてあるだけです。白い小冊子には各国語で注意事項が。

f:id:agenda365:20160518123529j:image

 

要するに何をしたらいいのかわからないので、http://www.fitbit.com/setup へアクセスしました。どうやらアカウントを作るみたいですが、そのガイドもありません。

Webでヘルプ→Charge HRを選択したら、マニュアルも見つかりましたが・・・。

むむむ・・・と思いつつ同時に本体の充電を開始。ケーブルをさすと、ビカビカと裏面のLEDが輝きました。そしてiPhoneにはFitbitアプリをインストールしました。

Fitbit

Fitbit

  • Fitbit, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

どうも登録はアプリのほうが簡単に見えましたので、そのままアプリでアカウント設定することにしました。

尋ねられるままにプロフィールを入力し、本体と同期させます。充電中の本体ディスプレイに番号が表示され、それをアプリに入力して同期させたら、本体にパッと時刻が表示されました。

f:id:agenda365:20160518123638p:image 

私のiPhoneの設定言語のせいかアプリは英語でしたが、日本語もあると思います。

本体と同期できれば、パソコンのWebでもログイン可能に

アプリでアカウント設定ができ、Webでもログインできましたので、このあとのプロフィール設定はパソコンのブラウザでしました。

「友達とシェアして一緒に頑張る」ような設定になっている項目が多かったので、全部「自分だけ」にしました。

Charge HR を使用する前にアップデートする必要があります。という警告文が画面のトップに現れました。

アプリのセットアップが止まってしまった

ちょうどその時、iPhoneアプリのほうは「Setting Up... 」の画面から進まなくなってしまっていました。10分ほどかかる、といいますが、10分以上経ってもまったく画面下のバーが進みません。ネットワークのせいかな?と別のネットワークにつないだり、LTE回線につないだり、色々試しても一向に進みませんでした。ファームウェアのアップデートでトラブったんでしょうか。

f:id:agenda365:20160518123722p:image

この画面で止まってしまいました。

アプリを強制終了、再起動 LTE回線で再挑戦

待っていられないのでアプリを終了させ、iPhoneが外のネットワークにきちんとつながっている事を再確認し、Fitbitアプリを再起動。するとほとんど設定が終わっているような画面が現れました。よくあることですよね・・・(汗)

f:id:agenda365:20160518123804p:image 

このように「アップデートが必要です」と出ました。"Finish Now"をタップ。

f:id:agenda365:20160518123851p:image 

ああ、こんどは無事に終わりました。終わったら、本体からBluetooth接続のリクエストがあり、acceptしました。ちなみに本体は充電中。一切触れていません。

同期をとると、充電開始から1時間ほどでしたが「フル充電」とアプリが表示。本体を充電ケーブルから抜くと90%くらいの表示が出ましたが、まあいいです。早く腕に装着してみたいですし。

f:id:agenda365:20160518124054j:image

装着位置は、手首の骨より指一本分ほど肩寄りに。皮膚にはビタビタに密着させなくてよいそうです。本当にわずかですが、時折ビリビリします。しかし本当にわずかな感覚で、外したくなるほどではありません。

腕の一番細いところに着けないのですぐにずり落ちてしまいそうですが、ベルトの内側は「すべりの悪いゴム」といいましょうか、皮膚に貼り付くわけではありませんが、日常の動作程度ではずり落ちずに粘っています。

本体は完全な防水ではない

Fitbit Charge HRの本体は防滴・防雨で、汗だくになっても使用可ですが、シャワーと水泳のときは外すように、とのことです。皮膚の保護のためでもあるようです。

また装着時には本体・腕ともに「清潔・乾燥」であるべし、とも。ボディクリームなんかもつけすぎるとよろしくなさそうです。

ベルトを傷めないために、日焼け止めや虫除けを塗るときはCharge HRを外すのがよいようです。

24時間モニター、といいながらも外すタイミングは結構ありそうです。

 

アプリで少し設定をいじってみます。

Quick Viewで本体に触れずに時刻を表示

腕に装着した状態で手首をかえし、ディスプレイを見るしぐさをすると、時計が表示されました。これは便利!オフにもできます。

Tap Gestureで一番見たいものを表示

本体のディスプレイを、2度しっかりトントンとタップすると表示される項目が選べます。私は第一の目的である心拍数を表示させる設定にしました。

本体ボタンを押して表示される指標と、表示順を変更

時計は手首を反せば見れるので、表示しない設定にしました。それ以外の心拍数、歩数、距離、消費カロリー、階数も表示のオン・オフ切替と、表示順が設定できます。

サイレントアラームを設定

ためしに朝の起床時間だけ設定してみました。睡眠の浅いときに起こしてくれるわけではないみたいですが・・・

アプリと本体はすぐに同期

アプリでタップジェスチャーを変更して、本体をタップするともう変わっていましたし、本体で時計表示を変更したらアプリのほうもすぐに変わっていました。

iPhoneのHealthCareとは直接連携できず

iPhoneからHealthアプリを消そうとしたくらい使ってないので(笑)連携できなくても今は問題ないのですが、するならもう一つ別の有料アプリ「SyncSolver」を介しての連携となるようです。

Sync Solver for Fitbit

Sync Solver for Fitbit

  • James McAndrew
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360

 

Sync Solver - Health to Fitbit

Sync Solver - Health to Fitbit

  • James McAndrew
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360

 双方向の連携には両方必要みたいですね。

体温もモニターできたらいいのにな!

と思いました。体温が見えたら血圧も見たくなるんでしょうね(笑)

 

以上、届いてから2時間ほどの話です。この設定でしばらく使ってみます。

 

余談:

アマゾンから届いたダンボールが予想以上に巨大でビックリ!モノは谷底でポツネンと鎮座しているように見えました。笑

f:id:agenda365:20160518124120j:image