Agenda 365

広く浅く、日々の備忘録。

Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル、ついに購入!

f:id:agenda365:20161208163722j:image

サイバーマンデーおそるべし!Kindle Paperwhiteをついに購入しました!32GBのストレージを擁するマンガモデル、キャンペーン広告なしのホワイトです。様々な理由で購入をずっと迷い続けていたのは、前の記事のとおりです。

agenda365.hatenablog.com

 

それが、Cyber Mondayのクーポン7800円オフと、少したまっていたポイントを使えば10,000円ほどになることに気付き、これが決定打に。ついに購入に踏み切りました。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

 

マンガモデルといってもマンガ以外も普通に読める、普通のPaperwhiteです。ただしWi-Fiモデルしかありません。

 

外箱はスリーブになっています。

f:id:agenda365:20161208163727j:image

裏側、神々しい「32GB」の文字。笑

f:id:agenda365:20161208163732j:image

スリーブの中に紙箱が入っていて、フタを開けると裏は馴染みのあるKindleアプリのイラスト。画面は電子ペーパーで、電源オフでも表示が可能、って初めて現物を見ました。開けたら表示されていて、不思議だ。

f:id:agenda365:20161208163738j:image

 

思いのほかハッキリくっきりな画面の表示に従うだけで、あっという間にセットアップは終了しました。

f:id:agenda365:20161208163757j:image

 

検索を押すとアルファベットのキーボードしか出ないので、日本語はどうやって・・・?と「edo」まで入れたらこのとおり。江戸川乱歩が出てきました。

f:id:agenda365:20161208163830j:image

こちらは明朝フォントですが、美しいです。読みやすい。

f:id:agenda365:20161208163835j:image

画面中央あたり、明朝で表示できない文字もありました。筑紫明朝に設定しても同様。「莫児比涅(モルヒネ)」の涅の字です。

f:id:agenda365:20161208173911j:image

 

ページめくりの挙動は、一瞬反転したあと次のページの文字が一気に表示されます。砂鉄のようなこの挙動を見ていると、幼少の頃遊んだ、マグネットのペンで何度も書いては消せるおえかきボード「せんせい」を思い出しました。

2カラーせんせい

2カラーせんせい

 

電源ボタンを押すとスリープになりますが、スリープ中に表示されるこの絵は消えません。電子ペーパーというのは、表示する瞬間だけ電力を使い、表示してしまった後は電力消費はゼロなのだそうです。不思議。だもんでこの画面はずっとこのままで、消えません。気分的には消したい。

f:id:agenda365:20161208164049j:image

電源ボタンを押して起動したあと、再びスリープに戻ると別の画像が。

f:id:agenda365:20161208164225j:image

半分くらい充電された状態で届きましたので、売り文句どおりならそのままでも数日使えるはずですが、一旦満充電にしました。

独特のスクロール

いつもの調子でスクロールしても次のページにはいきますが、1ページ単位で表示が切り替わる形式なので、半分だけ動かして止めたり戻したりといった、スマホタブレットのようにはいきません。

ページ中央をつい・・・

読書中に画面の中央をタップするとページが変わってしまいます。「ツールバーが出てきてホームを選択」のイメージでつい中ほどを触ってしまうのですが、それには画面の上端をタップしなければなりません。相当スマホに毒されている私の身体感覚。

寝る前の読書にもよい

寝る前に読んでも害はないとのことで、試してみましたら、思わず落としそうになるほどガクンと眠気がきました(笑)

バックライトではなくフロントライトで、目に向かって光が出ていないことに加え、暗い中でも読めるので、明かりを落としたベッドの中でも読書ができます。眠くてたまらず枕の下に挟んで寝てしまっても、大丈夫でしょう。

小さいので指で角をつまんで持つこともできますが、すぐに疲れがきて顔の上に落としてしまいそうです。片手で握って胸の上に置いたり、どこかにもたれかけて読むのがラクです、やっぱり。

 

以上、届いた初日の所感でした。

次の記事で、Fireタブレットと比べてみます。

Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル 購入への道!

f:id:agenda365:20161209150824j:image 

巷で評判のKindle Paperwhite、これまで何度も購入を検討しては思いとどまり、を繰り返してきましたが、ついに購入しました!

今回は、決断に至るまでのうだうだしたお話です。

これまでKindle Paperwhite購入に踏み切れなかったワケ

1.読むのは文庫本中心
移動時間に読むので、持ち歩きやすい文庫本以外ほとんど買いません。小さなPaperwhiteもさすがに文庫本よりはかさばるでしょう?

2.蔵書を何度も読む
話題の新刊書をバンバン買うのではなく、蔵書の小説をチビチビ読む。何度も読むからって、それを今さら電子版でまた買うかなあ?本棚からその本だけサッと持ち出せば・・・

3.古本を買うし、図書館へ行く
新刊書を買うよりも、古本の購入が多いです。話題の本も、文庫化・1円になるまで待てます。権利の話はさて置き、古書がない電子書籍は「1円になるのを待って」などという芸当ができません。図書館で借りてみて気に入ったら書店で購入、ということもします。何とも悠長な話ですが。

電子版は「面白かったから」と他人に貸すこともできません。

4.読みながら行ったり来たりする
ミステリーが好きなのですが人名の覚えが悪くて・・・何度も前に戻って確認するのは紙の方が早い気がします。何度も見返すページに指を挟みながら読み進める、なんてことも電子書籍ではできません。

5.好きな作家は電子化に反対
東野圭吾作品が好きで沢山持っていますが、それを電子化してタブレットで持ち歩くことができません。本棚が空くという希望も叶わない。

6.紙の本にはかなわない
小説をパラパラやって気になった場面を探したり、ガイドブックをパラパラめくって気になった写真を探す・行き先を考える、などは、紙の本にしかない良さだと思います。本のニオイも好きだったりします。

7.Paperwhiteはモノクロ
雑誌や、カラーページの多いマンガは結局iPadで見ないといけないじゃないか、という思いがありまして。

8.Fireタブレット(8GB)がまったくダメだった
Kindle端末としてもタブレットとしても全くダメだった「Fireタブレット」の二の舞はイヤです。何を試しても「結局iPad miniの画面が一番美しい」というところに落ち着いてしまう自分、Paperwhiteは使いこなせるのか?

Kindle Paperwhite購入をあきらめきれなかったワケ

1.Paperwhiteを絶賛
周りでPaperwhiteを買った人が絶賛してるんです!気になるじゃないですか(笑)

2.青空文庫にはもってこい
今年晴れて江戸川乱歩が解禁となり、有難いことにいつでもどこでもダウンロードして読めるようになってきました。挙げればキリがありませんが、こういった古典は突然無性に読みたくなるものです。しかしiPhoneだとページを繰ってばかりになってしまう。
iPad miniだと美しい画面で読めるが、常に持ち歩くにしても、片手で持って読むにしても、ほんの少し重くて大きい。Paperwhiteくらいの大きさならよさそう。

3.Kindle Unlimited 継続中
「なんとなく解約しそびれて」というほうが正しいかもしれませんが、Unlimitedでなかったら読まないような雑誌やマンガ、新書やビジネス本などをチョコチョコ読んでいまして。雑誌とマンガはiPadで見るとして、それ以外はPaperwhiteでも問題なさそう。

4.マンガモデルが日本限定で発売に
日本限定の「マンガモデル」が出ました。マンガを読む専用端末かと思いきや、ストレージが32GBもあるモデルとのことで。ああ気になる!気になります。

5.本を捨てて、本棚を空けたい
本をなかなか捨てられない性分だけに、これは長年の夢であり、希望です。Paperwhiteがあっても解決すべき問題はまだ残るのですが。

-----
このような逡巡を長きにわたり繰り返した末、とうとうこのサイバーマンデーウィークに「Kindle Paperwhite マンガモデル」の購入に至りました。つづきは次のエントリーで!

新しい Fitbit Charge HR への移行

Fitbit Charge HRの交換品が届いてから10日ほどたってしまいましたが、アプリのデータ引継ぎを行いました。

と言ってもアプリを起動し、使用中のFitbitを削除し、新しいFitbitを追加するだけでした。セットアップはアプリにしたがって進むだけでした。

f:id:agenda365:20161129104657j:image

このようなシンプルな「終了」画面が出て、セットアップ終了です。

使用が進むにつれ、装着がいい加減になってきていまして(汗)要はだんだん緩くしてしまってたんですよね・・・終了画面の次に出てきた「正しい装着」を改めて読み直しました。

f:id:agenda365:20161129104700j:image

アプリのデータはちゃんと前の続きとして記録され続けていることが確認できました。

今回は保証期間内の故障でしたので即交換してもらえましたが、保証が切れた後に不具合が出た場合は、廃棄するしかないのでしょうか?修理はしていないそうなので。

アプリのスクショが全部英語なのは、iPhoneの言語を英語にしているからです。そこは切り離せないようで。

 

交換に至る顛末はこちらにまとめました。

agenda365.hatenablog.com

 

Fitbit Charge HR 故障~新品到着まで一週間

今年の5月から使っているFitbit Charge HR、まだ半年というところで部品が破損していまいました。充電ケーブルを抜くときに周りのカバーが取れてしまったんです。

f:id:agenda365:20161117104031j:image

小さなピンク色の点が落ちていたので、ツメが割れちゃったんですね・・・ショックです。コの字のパーツがカチッとはまらなくなってしまったので、ちょっときつめに腕に巻いて押さえるような格好でやり過ごせますが、夏場にこの密着感は厳しいです。

このコの字型のパーツ、単なるカバーや装飾ではなく、これでボタンのパーツを押さえています。ボタンのパーツは本体に乗っているだけなので(もとはツメでとまっていたのかもしれませんが、不明)、コの字パーツがないとボタンもナシということになり、それは困ります。

アプリからサポートに連絡してみた

翌日の夜サポートに連絡してみました。アプリからコンタクトできます。画像は英語になっていますが、日本語で連絡できます。

f:id:agenda365:20161117121934j:image

サポートに連絡したのが水曜日の夜。

木曜日の夕方になって、サポートからメールの返信。修理はしていないが、保証期間内であれば新品を送る、ということです。

金曜日の朝、手続に必要な故障画像、購入記録、正規品であることの証明など、指定された画像をサポートに返信。

月曜日になって、確認できたので新品を送る、という連絡が来ました。早い。

で水曜日の夜、無事に受け取りました。破損したほうは返送不要で、こちらで処分とのこと。これも潔い。

f:id:agenda365:20161117104108j:image

新しいほうへの移行は週末に時間を取ってやりたいと思います。しかし何とも潔いカスタマーサポート、あっぱれです。

Fitibitの保証期間中の故障は、すぐサポートへ連絡を!

 

過去記事 

agenda365.hatenablog.com

 

agenda365.hatenablog.com

 

 

無印良品週間、今回はフレグランスを中心に

f:id:agenda365:20161115171153j:plain

無印良品週間がまた始まります!今回は2016年11月18日(金)〜11月28日(月)。先月に引き続き、ですね。今年の実施日を見ると・・・年内最後かな?!次は福袋かな。

  •     2016年11月18日(金)〜11月28日(月)
  •     2016年9月30日(金)~10月11日(火)
  •     2016年6月10日(金)~6月20日(月)
  •     2016年4月22日(金)~5月9日(月)
  •     2016年3月11日(金)〜4月4日(月)

前回は「買うものがない」なんて言っていたところ、海外から来た友人がMUJIファンだったことがわかり、毎日通ってどっさり買い物していきました。友人が免税カウンターで手続しているところへ「いいですか?」と私のアプリを差し出すと、10%オフにしてもらえました。免税と10%オフが同時にできるなんて素晴らしい!私はポイントがたまり、友人は割引になり、ニコニコです。

 

で今回のお目当ては、「超音波アロマディフューザー」!

www.muji.net

長年の愛用品なのですが、つい最近ミストが出なくなってしまったんです。ちょうど前回の良品週間が終わった直後で、必死で掃除したり手を尽くしたもののミストは復活せず、処分したところでした。

エッセンシャルオイルとセットになっているこれでもいいなぁ・・・

www.muji.net

そして、前回の良品週間で買ってみたインテリアフレグランス、グリーンがよい香りでして。

www.muji.net

今回はフレグランスオイルを買い足そうと思います。

www.muji.net

ラタンスティックも要るかな?

www.muji.net

今はフレグランスセットの本体をリビングに、少しだけ小分けにして書斎に置いていますが、どちらもスティック3本で、ちょうどいい具合にほんのり香っています。小分けにしてトイレや玄関にも置きたいなと思う、優しい香りです。

 

あとは、キッチンのスポンジとか

www.muji.net

ファイルボックスとか

www.muji.net

カレー、お菓子、文房具など小さなものも買い足すと思います。

イヤホンのケーブルクリップには「maghug」がいい感じ

最近導入したiPod ShuffleSONY MDR-EX450のコンビ、機嫌よく使っていますが、ケーブルを束ねるアイテムが見つからずにいました。

ミドリの「ピンクリップ(PIN-CLIP)」

とても可愛かったので通販してみたのですが、残念ながら大きすぎました。

ミドリ ピンクリップ シリコン アヒル柄

ミドリ ピンクリップ シリコン アヒル柄

 

これが襟元についてたらさぞ可愛かったでしょうに・・・Webで見るよりずっと輪もボタンも大きくて、ゴツかったんですよね。

www.midori-japan.co.jp

そして mughug と出会った

もっとカサの低いものを、と探し続けること数日。「maghug」なるマグネット付のシリコンバンドに出会いました。バンドの部分はぐるぐる巻いて使えるので、輪が大きすぎる心配はありません。マグネットが重いかも、というのも杞憂に終わりました。

f:id:agenda365:20161019141955j:image

f:id:agenda365:20161019141957j:image

このようにコンパクトにまとまり、重みで服を引っ張ることも今のところありません。簡単に外せるので、イヤホンを別の機器につないだり、またiPod shuffleに戻したり、もさほど手間に感じません。マグネットがしっかりしているので、シャツを挟んで止めることもできます。

www.amazon.co.jp

 

MacBook Pro (early 2011)をSSDに換装しました

f:id:agenda365:20161019103931j:plain

家では15インチのMacBook Pro(early 2011)という古いモデルを使い続けています。メモリは増設済ですが、このところ起動したくないくらい動きが遅くなってしまっていましたので、SSDへの換装を試みました。

事前準備

物理作業

  • Macをひっくり反して裏蓋を開け(+ドライバー使用)、HDDを取り出し側面の4つの固定ネジを外し(★形ドライバー使用)、それをSSDに移設して筐体に設置しました。HDDよりSSDの方が少し薄いのですが、スペーサなしでもきっちり固定できたので、スペーサは使いませんでした。そんなに難しい作業ではなかったです。
  • もっとも頼りにさせていただいた記事はこちらです。

    moooii.com

データ復元

たぶんこれが一番の難関で、知識のない自分にはトラブったら対処できない部分でありながら、きちんと理解できていない故に大抵失敗します。
今回も、案の定一日目は失敗しました。

  • Optionと電源ボタンを同時押し、なかなか起動してくれず焦るが、ずっと押していると起動。
  • Sierra のドライブの下に、ネットワーク設定の窓もある。Webで調べたときにはそんな情報に当たらなかったのでどうしたものか分からないが、先にWi-Fiをつないでから、Sierraのアイコンを叩く。
  • OS X ディスクユーティリティ」画面が起ち上がるので、ディスクユーティリティで先ほど取り付けたSSDを「消去」してフォーマット。なぜか「名称未設定」から名前を変更できず(キーボードーが効かない)、2バイト文字に嫌な予感がしつつも次のステップへ。
  • 起動ディスクのUSBメモリは挿しっぱなしだったので、OS Xインストールを選択すると、画面上に手ごたえはなかったが、USBメモリアクセスランプが瞬き始めた。
  • Sierraのインストール画面が開いた。「同意」すると10分くらいして「あと6分」と出たが、あと40分くらいかかった。
  • 残り1分くらいのところで「インストーラペイロードの署名を確認できませんでした」と出て、終わった。検索すると、再起動すると直る例に当たり、電源を落とし最初(SSDのフォーマット)からやり直したが、やはり「インストーラペイロードの署名を確認できませんでした」と出て終わった。

あとから思えばSierraのインストーラーとSierraの本体を混同していたわけで。翌日の夜に仕切直し。

  • Optipnを押しながら起動。Wi-Fiに接続。「OS X ディスクユーティリティ」画面が立ち上がったら、ディスクユーティリティでSSDの「消去」。今度は「名称未設定」の名前が変更できた!いい予感がする。アルファベットのみに変更しました。
  • SSDのフォーマットはすぐに終了。最初の画面に戻ってTimeMachineからの復元を選択。終了まで10時間ほどかかると出たので、そのままにして寝ました。
  • 朝起きると復元が終了しており、iCloud等もろもろセットアップして完了!見慣れたデスクトップが現れた時のうれしさといったら…!

SSDへの換装は、効果がはっきり体感できます

  • 一旦電源を落とし、再び電源ON・・・その速いことといったら感動的です。あっという間にデスクトップが現れました。今までは電源ONしたあと数分待ってログイン、そのあとお茶を淹れて・・・そろそろ出ましたかな・・・?もういけますかな・・・?くらいの遅さだったので。
  • クリックした?したよね?・・・?という間があってやっと起動していたiTunesも、今や瞬時に開くように!これはバックアップのストレスが相当軽減されそうです。
  • 検索語句、打ちましたよね?どうしました・・・?なブラウザも・・・・手癖でつい、入力→変換→決定、まで押してしまって、でもまだ最初に打ち込んだのが英字かかなかもわからないくらいおっそーーーーーいレスポンスだったのが、打つと同時に文字が出る、当たり前の速度になりました。

そう、いろいろ当たり前の速度になったんです。SSDに換装してよかったです。ほっとしました。2011モデルですが、まだまだコイツで闘えます!・・・各アプリの検証がまだですが、今のところご機嫌です。